入居者一覧

つくるビルに入居されている方々をご紹介します。

宮下直樹

VOICE OF KYOTO「伝統以前の京都を伝える」/301号室

301号室

VOICE OF KYOTOは、「伝統以前の京都を伝える」をコンセプトに、主宰者である宮下直樹が独自の視点で京都の取り組むべきテーマや課題を見いだし、企画・編集を繰り返しながら取り組み続ける trans-culture project。京都をはじめ、金沢・静岡・東京の職人やクリエイターらとのコラボレーションの中でacademiaやbotanicalなど、様々な取り組みを展開します。

 

また、その過程で得る知見や表現・発信の手法、そしてヒトとモノとのつながりを、志を分かち合えるクライアントとの間で業務として請け負っております。

 

VOICE OF KYOTO academia:

「作り手」が日々の創作に糧を得るためのトークセッション企画。その先には「作り手」と「使い手」、双方を絆づけるための新たなシステムとして、日本ならではの創作の背 景を常に意識しながら国内外で継続的に開催中。

 

botanical by VOICE OF KYOTO:

「花のもとに、ひとしくひとつに」日本の美意識を追体験するための複合ワークショップ。1シーズン(半年の予定)の体験の中で扱うものは、「花」「和菓子」「京友禅」「草木染め」「金彩」「金網細工」を予定。